« 2019年8月 | トップページ

2020年6月26日 (金)

五藤光学「ドームなび」での加藤直之の天井画の配布にあたって

 

6s2000x


 

天井画の配布にあたって(2020年 6月30日公開バージョン)

 

五藤光学「ドームなび」での配布にあたって

 

・天井画作品は、それぞれ、ドームに投影するための「ドームマスター形式」画像(天井画と呼びます)と、「イメージイラスト」画像のセットになっています。

 天井画作品のダウンロードページ

・「ドームマスター形式」画像をドームに投影していただくにあたって(営利非営利に関係なく)対価の支払いは必要ありません(無料で配布します)。

 

・利用範囲として、既存のプラネタリウム施設でのドーム投影、コンピューターを使ったVR装置(スマートフォン、タブレットマシンを含みます)など、天助画を楽しんでいただける環境ならどんなものでも使っていただいけます。

 

ドームマスター形式の画像はパソコンにインストールしたAmateras Dome Playerを使ってどなたでも楽しむことができます(ドームマスター形式の画像を楽しむだけなら無料です)。

Amateras Dome Player

 

・ただし、ダウンロードした画像を再配布するのは禁止します。これは、今後、天井画をバージョンアップ(加筆修正)する予定があり、常に最新版を五藤光学のサイトからダウンロードしていただくためです。

 

■天井画の利用方法について

 

・この天井画はクラウドファンディングで支援していただいたお金を制作費にあてています。絵の中に「サンクスクレジット」と「支援者様のお名前」を配置している場合があります。投影していただく際には、サンクスクレジットなどを観客の皆さんの目に触れるような構成、演出にしていただければ嬉しいです。

 

■イメージイラストの利用方法について

 

・イメージイラストは、プラネタリウムを持つ施設の場合、番組の広報用としてチラシに印刷したり、プリントして施設内に展示してくださっても構いません。

 

・個人の方が、五藤光学のサイトからダウンロードした天井画やイメージイラストは、ご家庭のプリンターを使ってプリントしたり、室内、壁面などに飾っていただいても構いません。

 

 

■天井画作品【ブリュンヒルトとワルキューレ】について

 

この作品は、加藤直之の「天井画作品の中の一枚」として公開することを条件に製作委員会から許諾をもらっています。【ブリュンヒルトとワルキューレ】の一点だけを投影することは避けていただき、【ブリュンヒルトとワルキューレ】を投影したりプリントする場合には、他の天井画の中の一枚、として扱ってください。

 

●天井画をVRで

この天井画を

@wakufactoryさんが、VRで見られるように作ってくれました。

パソコンのブラウザや、スマホやiPadなどの画面でグリグリ回しながら見ることができます。

https://wakufactory.jp/wvr/vr360/kdome.html

 

B051200x800

« 2019年8月 | トップページ