« 腕時計を買った | トップページ | iOS電子書籍『自転車で事故になったら開くアプリ』公開 »

2016年4月27日 (水)

線で描く絵

前回、ブログで紹介した腕時計の絵
その線が、自分でもなかなか気に入ったので、同じタッチで女の子の絵を描いてみた。
 
左が下書き、右がペンを入れたもの。
 

M01560  

アナログ画材 『紙に鉛筆やペン』 で描く場合は、下書きの線は、後で消しゴムで消しちゃうけど、このときは後先考えずに(パソコンで)描いたから、下書きの線もそのまま残っております。
 
ペン入れに相当するほうは、もう勢いだけで引いた線。
 
二度と描けないかもしれないし、逆に何度でも描けるかもしれないけど、これをさらに『下絵』(下書きじゃなく、下絵、ね)に使って、さらにもう一度、線を別途、(レイヤー機能を使って) 描き直すのも面倒なので、今回はここまで。
 
       *       *       *
 
な〜んて言ってた翌日、この女の子の顔に胴体を描き加えることにした。
 
それがこちら ↓ 『海底の 戦艦大和、擬人化』
(船体が真ん中で真っ二つに折れているので、折れてしまった船体の艦首側、艦尾側を2本の脚にみたててある。リアルなタッチで描いた絵はiOS画集アプリにしたのでそちらを買っていただくとして、こちらは、どちらかというと「可愛い」大和。
 
M03480x1056_2
 
色もつけてみたら、こうなったよ ↓ 後ろ半分が赤いのは、船体を保護するために赤く塗ってある部分(貝などが付着しないように、ちょっと毒が含まれていたらしい)。
 
M04480x1056_2
 
色を付ける作業に入る直前、線と色をレイヤーで分けておけば、あとあとメイキングのネタに使えるかもとギリギリで思いついて、色の部分は別画像。
 
それがこれ ↓
05s480
 
じつは、僕は 『線画』 が苦手。
 
最初から線を整えて描く習慣がないから (描きながら形を整えていくのね)、今回のテーマのように、複雑な形状のものは、下書きなしでは描けそうにないし、さりとて、下書きを丹念に描くのは面倒くさいし。
 
だからこの絵は、胴体部分は、いつものように、面で形を整えながら、最後にその絵を『下絵』にして、ペン入れをして仕上げようと考えている。

« 腕時計を買った | トップページ | iOS電子書籍『自転車で事故になったら開くアプリ』公開 »

イラストめいきんぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570938/63545283

この記事へのトラックバック一覧です: 線で描く絵:

« 腕時計を買った | トップページ | iOS電子書籍『自転車で事故になったら開くアプリ』公開 »