« iOS画集アプリ、登録のことなど 1 | トップページ | 没にしたアプリアイコンのこと »

2015年9月 2日 (水)

デベロッパ契約のこと

50_2
 
◎ iOSデベロッパプログラム の契約のこと
 
 まず、自分がアプリを作って商売するために自分のことをAppleに説明(登録)しなくちゃならない。僕はフリーのイラストレーターだから『個人事業主』ってことになる。このあたりはネットに色々解説があった。キツいのは、全部英語で入力していくところなのはアプリの登録や申請と同じ。
 
 ネットの画面を二つ開いておいて、片方にAppleのサイト、もう片方に機械翻訳のサイトを開いておいて、頑張って入力していく。
 
 ここで問題が起こった。僕は日本では普通に「加藤直之」の名前で税金を払っていて、公的な書類、たとえばパスポートにはKatoを使ってた(今は少し制限が緩くなってkatohでも大丈夫)。クレジットカードもNaoyuki Katoで登録してて、デベロッパ契約はNaoyuki Kato名のカードで支払ってた。
 
 でも僕としては英語表記の時のペンネーム katoh でデベロッパ名の登録をしたかったのね。
 
  kato だと、加戸 か 加藤 か区別がつかないし。
 
 Appleのサイトでの入力で、Katoでお金払っているのに、Katoh で登録して大丈夫なの?
 
 もう手続きの最初っから、こういうところから、つまづくのね。使い慣れない英語、使い慣れない用語だらけのサイト。泣きたくなりました。
 
 でもそんな時のグーグルさん。先輩たちがいっぱい助言を書いてくれていて、そんな中に「Appleに電話しちゃう」というのがあった。アメリカのAppleだったら最初からあきらめるところだったけど、日本の電話番号が書いてあったから勇気を出して電話してみたのよ。
 
 そしたらなんと、話しはトントン拍子で、デベロッパ名はAppleの方で Katoh に変更しておいてくれることになった。やったー。
 
 こうして無事に僕も一人前のデベロッパだ。ディストリビューターだ(販売代理店や卸売業者ということらしい)ということになった。
 
◎ シティバンクに銀行口座を作った
 
 有料アプリを作って登録して売るために最初にやらねばならないことは、売上げのお金を振り込んでもらう銀行口座を作ること。僕が普段使っている三井住友銀行は、Appleからの(つまりアメリカからの)送金に対しては一回あたり数千円の為替手数料を取られるので(儲けより手数料の方が多かったら、収入はゼロだ)。手数料が無料のシティバンクに口座を作った。
 ネットで口座開設の手続きをしていくから、自分の身分証明用に、免許証の画像をメールで送ったり。まあ、確定申告の書類よりは楽だったかな。
 
 そしてそのシティバンクの銀行コードや支店コードや口座番号をAppleに登録する。これができないと話にならないんだけど、入力画面は全部英語だ。幸い、こちらも同じ作業で苦労した人が世の中にはいっぱいいて、自分の苦労をブログで紹介してくれてるからとっても有り難く参考にさせてもらった。僕がデベロッパプログラムを契約した当時は、アメリカの納税とか色々あったけど、今は簡単になってるらしい。
 
 つづく

« iOS画集アプリ、登録のことなど 1 | トップページ | 没にしたアプリアイコンのこと »

iPhone・iPad画集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570938/62206801

この記事へのトラックバック一覧です: デベロッパ契約のこと:

« iOS画集アプリ、登録のことなど 1 | トップページ | 没にしたアプリアイコンのこと »