« 画集アプリの解像度と操作法の関係 | トップページ | デベロッパ契約のこと »

2015年9月 2日 (水)

iOS画集アプリ、登録のことなど 1

50

 
 今回、アプリの制作と登録、販売のいろいろは、ひとつを除いてすべて自分でやったのね(アプリのプログラムだけは、プロのプログラマさんにお願いしています)。
 
 アプリが完成すると、それを Appleの iTunes Store に登録せねばなりません。これが苦労の連続なのよ。Apple のサイトも、それぞれの項目くらいは日本語で表示されるけど、中身はみんな英語。僕は英語が全くダメなので、機械翻訳のサイトを利用するしかない。友人には英語に堪能な人もいるけど、頼リ出したら報酬とかも考えなくちゃならないし。だって、一応僕も商売でやってるわけだし。
 
 順調にいってるときは(ネットで先輩たちがそんな体験談をたくさん紹介しているので)それで大丈夫なんだけど、ミスをしたときの対応で何度もパニックになりました。ときどきプログラマさんにヘルプミー。そんなことなども今後書いていく予定です。
 
 さてアプリ登録時に必要なのが
 
◎アプリの正式なタイトルやID。
これは既に発売されているアプリと同じ名前ではいけないので、一度早川書房から出ていて今は発売が終了した『グイン・サーガ画集』アプリで問題となりました。日本語だけでなく、英語のタイトルでも、同じだったり、ちょっと違うだけじゃダメなのだ。最終的にタイトルのあとに「(加藤レーベル版)」をつけて解決できたが、何度か思考錯誤することになったのね。僕は割とどんどん発表しちゃうほうだから、このブログでも、まだアプリを登録してないのにタイトルだけは公開しちゃってたから、あとで考えたら冷や汗モノ。
 
◎アプリアイコン(1024x1024ピクセル)。
iTunes Store で左上にでっかく表示されるのがこれ。昔は512x512でよかったのだが、レティナディスプレイ用に大きなものが必要になった。アプリアイコンは、絵の中の一部をトリミングして使うことが多いので、1024と言われちゃうと、サイズが足らない場合があって困ったりした。大きなモノを小さくするのも大変だけど、逆はもっと難しい。また「加藤レーベルのアプリで統一感を持たせたほうがいいよ」という妻の助言で慌てて直前にいろいろやってみたけれどどれもいまひとつ。アイコンの上に自分のサインを入れることを思いついたときは嬉しかった。今後、例えば武部さんの画集アプリを作ることになったら、武部さんのサインを配置すればいい。いろんな会社が同じ問題でいろいろ工夫していたけど、あまり参考にならなかった、というのが参考になった。
 
◎アプリが動いているときの見本の画面(スクリーンショット)を各5枚まで。
これは iPhone や iPad ごとに、それも iPhone だと、現在使われている 3.5インチ、4インチ、4.7インチ、5.5インチと全部揃えておかないとならないのね(英語圏で発売する場合は、英語版と日本語版の2種類が必要です)。でも手間はかかるけど、普段から慣れている作業だから、気楽にホイホイできた。昔は自分の持っている iPhone や iPad で作っていたが(当時は iPhone  も一種類しかなかったのよ)今はシミュレーターがAppleから提供されており、比較的簡単に作ることができる(よかったー)。
 
◎アプリの説明文(4000字まで)
全世界でアプリを売りたかったから、英語と日本語が必要なのよ。でも僕は英語が全然ダメ。Appleのガイドによれば、変な訳で載せるなら、いっそ翻訳しないままでいきなさい、てなことが書いてあるけれど、でも日本語が全く読めない国のひとのためを考えてネットの機械翻訳を使うしかない。最適な英単語を選び出すことはできないけど、まあ許してもらえるだろ。中国や台湾、韓国の方々のアプリでは、ちょっと変な日本語になってたりするけど、意味さえ通ればいいのだ!(通らなかったらどうしよう・・・)
 例えば、英語への翻訳前に「収録」は「掲載」にしてから機械翻訳させると、翻訳したものを逆に再翻訳させてチェックするとそれらしくなってることがわかったりした。以前、早川書房版『グイン・サーガ画集』アプリの時に早川書房が用意してくれた英語の説明文がけっこう参考になったことも書いておこう。
 
◎検索キーワード
これは iTunes Store の画面には表示されないのね。そこで『戦艦大和、擬人化』アプリでは、「艦これ」とか「艦娘」とかも(外から見えないから)こそっと混ぜちゃいました。
 
◎対象年齢
ヤマト2199とかはまったく問題ありませんが(子供からお年寄りまでオッケーよ)、グインは、剣の先っぽが背中から突き出てたり(暴力シーン)、魔女が胸を剥き出しでグインに戦いを挑んでたりする絵があるので、「少しだけヌードあり」なんてところにチェックを入れます。僕の絵に露骨なベッドシーンとか暴力シーンはないから、そのあたりは安心だけど。
◎あとは、著作権表示(ヤマト2199なら製作委員会の名前)を入れます。それ以外は普通に自分の名前。ひととおり空欄を埋め、アプリをアップロードし、それを書類に登録したら、いよいよ審査へ提出します。
 
◎そして、肝心なアプリ本体。これについては改めて詳しく紹介します。これがまたすげー大変なのよ。
 
  入力画面はこんな感じ↓
 
01s480
 
 全部記入して、審査へ提出すると、10日ほどで表示が 「審査中」にかわり、数時間後〜1日くらいで結果が出ます。必ずしも審査が通る訳ではなく「却下(リジェクト)」されることもあるので、その間もうビクビクしながら待ち続けます・・・
 

« 画集アプリの解像度と操作法の関係 | トップページ | デベロッパ契約のこと »

iPhone・iPad画集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570938/62204137

この記事へのトラックバック一覧です: iOS画集アプリ、登録のことなど 1:

« 画集アプリの解像度と操作法の関係 | トップページ | デベロッパ契約のこと »