« iOS画集アプリ『加藤直之グイン・サーガ画集』加藤レーベル版(販売開始) | トップページ | iOS画集アプリ「宇宙戦艦ヤマト2199『ヤマトとドメラーズIII世』(販売開始) »

2015年8月27日 (木)

iOS画集アプリ『戦艦大和、擬人化』(販売開始)

50
                         240円  iTunes プレビュー
 
 さて、今回の『戦艦大和、擬人化」には大きな特徴があって、それは、だんだん価格が上がっていく、というもの。
 イラストレーターは絵の注文があってはじめて仕事になり、それで生活しています。画家は絵を描いてそれを売って生活します。どちらも自分が描きたい絵を描くのが理想。そこでiPhone・iPad画集で考えてみました。
 
 紙の本と違って電子画集はアップグレードが可能。価格も自由に設定できるし変更も出来る。そこでまず描きたい絵のアイデアスケッチを電子画集として安く販売する。そのアプリが一定数売れたらその収入で絵を完成させ画集をアップグレード、価格を完成作品に見合うところまで値上げする
 
 しかし、アイデアスケッチの段階で買ってくれた人は、すでに購入しているので、最初の安いときの価格そのままで(すでに支払いズミ←ここ重要)、完成画像も手に入れる事が出来る。最初に買う人、作者双方にとってメリットがある。電子画集ならではの販売方法かな、と。
 
 まず考えているのが『大和大破』。制作にとても時間がかかることが予想されるから少しでも制作に時間をかけたいけれど、そのあいだの生活費も必要だから最初に完成させてしまうやりかただと、他の絵のギャラをそれにあてねばならず、けっこうそれは難しい。この方式が上手くいけば他にも描きたい絵がいくつかある。
 
 もちろん完成した電子画集には、それまでのアイデアスケッチから制作途中経過画像、制作中タイムラプス動画も収録する。販売数が増えれば増えるほど、絵の密度、完成度は上がっていく(価格も)。
名付けて
                        「買う人たちで育てる画集」。

« iOS画集アプリ『加藤直之グイン・サーガ画集』加藤レーベル版(販売開始) | トップページ | iOS画集アプリ「宇宙戦艦ヤマト2199『ヤマトとドメラーズIII世』(販売開始) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOS画集アプリ『戦艦大和、擬人化』(販売開始):

« iOS画集アプリ『加藤直之グイン・サーガ画集』加藤レーベル版(販売開始) | トップページ | iOS画集アプリ「宇宙戦艦ヤマト2199『ヤマトとドメラーズIII世』(販売開始) »