« 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 3 | トップページ | 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 5 »

2014年7月30日 (水)

僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 4

少し予定を変えて、
 
 著作者人格権不行使契約
 
の話を書く事にした。
 
発注主に著作権が帰属すれば、著作者人格権も発注主のものだ。
 
だが僕はそれを否定する方向で文章を書いている。
著作権の「帰属」ではなく「譲渡」が望ましいと。
 
この場合、当然、著作者人格権はイラストを描いた人に帰属する(残っている)。
 
発注主が、著作財産権を買い取った場合、著作者人格権だけは元のイラストレーターの元に残っていると(法律ではそう定めている)何かと都合の悪い場合もある。
 
著作者人格権には
 
・公表権(これは今回は関係ない)
・同一性保護(勝手に変更しちゃダメ)
・氏名表示権(作者の名前を作品の傍に明記する)
 
買い取った著作物をいろいろな場所で使いたい場合、作者にこれらを主張されると、ほんとうに自由には使えないことになる。
 
だが、日本の法律でそう定められているのだから、発注主はそれを防ぐために、著作者から著作財産権を買い取った時点で
 
 著作者人格権(の権利)を行使しないよう
 
にと約束させるのだ。
 
しかし、それは公正なことなのか?
そんな疑問がわいてくるのは当然のこと。
 
ネットで検索すると、検索結果の上のほうでは
 
 法的に問題はない。
 それがいやならその仕事を引き受けなければいいでしょ
 
と弁護士の皆さんが回答している。
 
でもこれは、例えば、元請けが、下請けに「無理だろうけど安くやってちょうだい、いやならこの仕事を他に回すよ」のと同じことだ。そんな理屈が通る世界を僕は認めたくない。
 
(また別の回答によると、人格権の不行使特約は無効とする学説もあるらしい。)
 
でもそれが現実に通用しているなら、僕らはそれを正しい方向に持って行くためには、
「著作者人格権の権利を行使しないように」という仕事を「引き受けないように」しよう、と言うしか無いのか。
 
いや、そんなことはない。
 
もっといい方法がある。
 
なぜ、「著作者人格権を行使しないようなケース」があるのだろうか?
それは本当に必要なことなのだろうか?
 
発注主は、本当に著作者人格権不行使契約を求めているのか?
いろいろ事細かく契約条項を考えるのが面倒だから、単に前例に従い、採用しているだけではないのか?
 
つづく

« 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 3 | トップページ | 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570938/60070056

この記事へのトラックバック一覧です: 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 4:

« 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 3 | トップページ | 僕がイラストの著作権を譲渡しない理由 5 »