« パワードスーツ デザイン改 4 | トップページ | パワードスーツ デザイン改 5 »

2011年10月17日 (月)

ダイナミックフィギュアの作り方 8(最終回)

ダイナミックフィギュアの作り方7からのつづき
最初からお読みになりたい方はこちら

 『ダイナミックフィギュア』は今年の2月に早川書房から発売された、巨大ロボットの運用を真正面から取り上げた、三島浩司さんのSF小説です(上下巻)。僕がカバーイラストを担当しました。

 そのメイキングをブログで連載したのですが、最近もブログへのアクセスに「ダイナミックフィギュア」をキーワードにしてこられる方がけっこうな数おられるので、ここらで最終回を。


 今年の9月3日〜4日に静岡で開かれた『第50回日本SF大会』用に作ることになった「サイン帳アプリ」(無料。申し訳ありません。iPhone、iPad専用です)には、僕の作品が数点、メイキング簡易アニメ付きで収録されており、『ダイナミックフィギュア』のカバーイラストと、ダイナミックフィギュアの身長や形状を検証した画像やアニメも入ってます。

 ダイナミックフィギュアという名の巨大ロボットをデザインするにあたって最初に考えたことは(この連載の最初のほうを読んでいただけば書いてありますが)巨大ロボットにつきものの大きな足だけは描きたくない。そして地上で素早く行動できる脚や足の形はどんなものが良いのだろうか、ということでした。

 そのアプローチの結果が、『ダイナミックフィギュア』なのです。現在続いているパワードスーツについての記事と一緒に観ていただければ幸いです。

                ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼

画集アプリでダイナミックフィギュアの画像を表示中に、ツールバー(画面のロングプレスでオン・オフ)左端の『 i 』(インフォメーション・アイコン)をタップ
01

右下に出る「渦巻き」模様のアイコンをタップすると、メイキングの簡易アニメの再生が始まります。
02

カバーイラストのメイキング簡易アニメーションのスクリーンショット▼
03

おなじく「人間との対比」の図▼
04

「人間との対比」の図 メイキング簡易アニメーションのスクリーンショット▼
05

*このアプリには、今年の星雲賞受賞作、マイクル・フリン『異星人の郷』(東京創元社)のカバーイラストも、メイキング簡易アニメと一緒に収録されています。


« パワードスーツ デザイン改 4 | トップページ | パワードスーツ デザイン改 5 »

ダイナミックフィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570938/53010076

この記事へのトラックバック一覧です: ダイナミックフィギュアの作り方 8(最終回):

« パワードスーツ デザイン改 4 | トップページ | パワードスーツ デザイン改 5 »